スポンサーリンク

【北海道・上士幌町】 まるで古代ローマ遺跡!!! 幻の橋 「タウシュベツ川橋梁」 へ行ってみよう♪

北海道~東北
この記事は約4分で読めます。
Naga
Naga

北海道に”古代ローマのような遺跡が見られるスポット”があるみたい!!!少し前(2008年夏)にお邪魔した際の写真と共に紹介するね(^^)/

Mado
Mado

”古代ローマの遺跡”ってどんな絶景なんだろ?!

気になるぅ~(‘◇’)ゞ

まずは「糠平湖」で遊覧船に乗船しました♪

「糠平湖(ぬかびらこ)」とは北海道・帯広市の北部にある上士幌(かみしほろ)町の湖です。こちらはダム建設のために造られた人工湖で、周囲長は約33km、最大水深は約60mだそうです。ちなみに「ぬかびら」とはアイヌ語で「人の形をした岩」という意味なんだそうです。

※帯広から車で約1時間ほどで到着します。

船に乗ると迫力のある大自然を湖上から味わえちゃうんです。普段は陸上からばかり見ていますが、少し目線を変えて船からの眺めるのも素晴らしいですよ!

我々がお邪魔したのは夏休みシーズンでしたので「緑」がとても綺麗でしたが、この時期に行けば「素敵な紅葉」が楽しめそうですね♪

今回持って行ったカメラはリコー製のフィルムカメラ「オートハーフ」。こちらは1960年代の商品なんですが( ゚Д゚/ 驚 )、コンパクトで可愛らしいデザインは現代にも通じるカッコ良さです!

さらに、このカメラは1枚分のフィルムに2枚撮影できちゃうエコな商品なんです。そのため普通にシャッターを押すと縦写真になるのが特徴です。電池も不要でゼンマイがフィルムを巻き上げてくれるのも楽しいポイントです!

※今回は縦写真が多くなっていますのでご了承ください( `ー´)ノ

続いて「タウシュベツ川橋梁」へ出発!

「糠平湖(ぬかびらこ)」の大自然を満喫した後は、メインの「タウシュベツ川橋梁」へ向かいましょう!昔は線路が通っていたという林道を歩いて橋まで向かいます。道がぬかるんでいる場合があるのでしっかりとした靴で臨んでください。両側にそびえる木々が美しかったです。

しばらく歩くと水面が見えてきました。さらに奥を見ると、すでに先客がいらっしゃいました。2008年の頃から人気スポットだったんですね!

そもそも「タウシュベツ川橋梁」とは?

こちらは昔、JRが国鉄だった時代(旧国鉄士幌線)に電車(当時は汽車)が走っていた橋なんです。1939年(昭和14年)に造られ、「糠平ダム」の建設が決まる1955年(昭和30年)まで使用されていたそうです。その後は線路部分は撤去されましたが、橋梁自体はそのまま残され、現在に至ります。橋ができてもう80年も経つんですね!!

橋自体はローマの遺跡を思わせる造りです。まるで日本とは思えない不思議な感動を与えてくれます!これはまさしく絶景ですよ( ゚Д゚)///

主に夏場はこのように全体が綺麗に見えますが、季節や水位によって見え方が変化し、タイミングによっては橋が水で埋まってしまいます。このことから「幻の橋」と呼ばれるようになったそうです。

残念ながら、日々、老朽化が進んでいます・・・。

2019年で80歳を迎える「タウシュベツ川橋梁」。2008年にお邪魔した際はまだ綺麗な形をしていましたが、度重なる地震や災害などで日々、少しづつ崩れているそうです。

間近で見ると表面が剥がれ、今にも崩れそうな雰囲気です。危ないので、決して登らないでください!

カメラに収めて、タウシュベツ川橋梁を後にしました。

北海道の中央部の大自然のど真ん中という事もあり、「タウシュベツ川橋梁」は橋自体はもちろん、自然と調和した綺麗な雰囲気が一堂に楽しめる素敵な場所でした。夏場の晴れた日は空の青と水の青、木々の緑がまとめて撮影できちゃいますので、オススメです!是非、次の夏の旅行計画に北海道を検討されてみては如何でしょうか(^^♪

※昨今は人気が急上昇したこともあり、2009年からは入場が制限され、条件が少し厳しくなったそうです。今後、こちらへ行かれる方は是非「北海道 上士幌町のWEBページ」を確認の上、マナーを守って訪れてほしいです。

インフォメーション

タウシュベツ川橋梁(北海道 上士幌町WEBページ)

コメント

トップへ戻る