スポンサーリンク

【カメラの話】[FUJIFILM Xシリーズ] ようやく発売っ!!! 超望遠が気軽に楽しめる「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」をレビューします♪

カメラの話
この記事は約5分で読めます。
Naga
Naga

富士フィルムでは多くの交換レンズが発売されていますが、300mm前後の望遠レンズはプロ用の重いものしかありませんでした。しかし、2021年春にこちらのレンズが発売され、速攻で購入しちゃいましたっ(^^♪ 手振れも効いて、良い感じですよ!!!

Mado
Mado

マクロのような使い方ができるのも素晴らしいです!!!

Taro
Taro

ボクの写真もたくさん撮ってね、、、ウンメェーーー♪

スポンサーリンク

ついに発売された望遠ズーム「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」♪

こちらが2021年の3月に発売された超望遠レンズ「XF70-300mm」です。35mm換算で107mm~457mmをカバーする画角となっています♪

 

35mm換算で400mmを超える超望遠レンズが重さ1キロ以下で、防塵防滴を備え、手振れ補正も5.5段分をカバーされているので三脚なしでも楽しめるようになったのは嬉しいです!!!

それでは早速、開封してみましょう!

 

とっても小さく、軽いです!

こちらが新型のレンズです。35mm換算で400mmを超えて、防塵防滴という仕様の割には小さくコンパクトにまとまっています!重さは約580g。 さすが富士フィルムですね^^

フィルター径は67mmとそこまで大きくありません。このクラスのレンズにしては細いくらいです。

ズームは繰り出し式で、伸ばすとこのようにビローンと伸びます。プラスチックのパーツも見られますが、安っぽさはありません!

レンズの根元にはロックパーツが付いていますので、移動中は固定しておくとよいでしょう。

 

フードは良い感じです!

今までのフードは外れやすいものが多かったのですが、こちらはカチッと固定され、安定感が増したように思います。

子のフードなら、付けたくなりますね^^

現在のメインカメラである「X-H1」へ装着してみました。少々重さはありますが、グリップがしっかりしているので、使い勝手も良さそうです^^ 今から楽しみです(‘ω’)ノ

コメント

トップへ戻る